12
  • 低濃度でも不活性化

    2020年8月26日プレス発表されたものになりますが、藤田医科大学より人体に影響のない低濃度のオゾンガスでも新型コロナウイルスに対して不活性化が認められたとの発表がありました。 弊社のオゾン発生装置はオゾン量の調整が可能です!!! 低濃度に設定してご家庭で回しておけば除菌・消臭効果とインフルエンザ・コロナ対策も出来てしまいます!! 是非このご機会にオゾンがどの様なものかお気軽にお問い合わせ下さい。    

    >>詳細はこちら

  • 今後の対策様に

    暑い日が続いておりますがいかがお過ごしですか?   ここ最近またコロナの患者数が増えていますね。   そんな中今年は新型コロナとインフルエンザ同時流行の可能性が・・・・   今年はインフルエンザのワクチン注射も品薄になるかもしれませんね。   そこでご家庭、職場の対策にオゾンはいかがですか?   オゾンがインフルエンザウイルスに対して有効との検証が出ていますね。   密閉空間で2時間オ

    >>詳細はこちら

  • 感染者増加

    最近の新型コロナのニュースで過去最高の感染者人数が報告されていますね。 オゾンが新型コロナに対して有効であるという報告があります。 こちらご覧ください。   ご家庭用のもの・オフィスや待合室等でも利用できるもののご用意があります。 お気軽にお問い合わせ下さい。    

    >>詳細はこちら

  • ドラマの小道具でも利用

    現在販売中のオゾ右ェ門は大人気だったTVドラマの医龍のオペシーンでの撮影の際に小道具で使われた実績があります。 病院や介護施設でも大変好評頂いております。 またご家庭用にオゾ右ェ門ミニもご紹介しております。

    >>詳細はこちら

  • まだまだ終息しない感染

    日ごとに脅威が増している新型コロナウィルス。 TVでは連日ニュースで取り上げ、以前にも増して緊張感が高まっています。 医療現場は崩壊寸前、夜の街も閑散とし、個人事業主も中小企業も大企業も皆とても大きな壁にぶつかっている今、 大切な人を失わぬよう、世界中が #お家で過ごそう #Stayhome #うちで踊ろう と呼びかけています。 弊社スタッフも昨日よりも今日、今日よりも明日の感染予防を行っていきたいと思います。 さて、先日の報道特集で岡山市の内科医院が院内の廊下や待合室にオゾンを発生さ

    >>詳細はこちら

  • ウィルス対策をオゾン発生器で取り入れませんか?

    まだまだ続いている新型コロナウィルスの猛威。。。 先日はついに有名コメディアンまでも猛威に打ち勝つことが出来ず、悲しいニュース速報を目にして言葉を失いました。 改めて、ウィルスの恐怖を思い知った気がします。 私たちが気を付けることは、身の安全はもちろん大切なひとをウィルスから守るということを徹底していかなければいけないことだと思います。 また、お店や病院など人が集まるような事業主のみなさんは「じゃあ、どんな対策をすればいいの?」と頭を悩ませていることと思います。 弊社の「オゾン発生器」

    >>詳細はこちら

  • 新型コロナウィルス対策として

      ウィルスにはオゾンが最強説をご存じですか?   今までさまざまな施設へオゾン発生器のご紹介をさせていただきましたが このような事態にならないとオゾンの良さをご理解いただけないのが実情です。 そんな中で某大手メーカー空気清浄機も除菌をうたっていますが、 実際に除菌をしているのは空気清浄機の中の微量のオゾンが 浮遊しているウィルスの除菌をしているということが分かっています。 弊社のブルーオーシャンシリーズはオゾンを長時間大量に放出することが可能です

    >>詳細はこちら

  • インフルエンザ流行中

    1月に入り、インフルエンザが猛威を振るっております。 例年、この時期はオゾ右エ門・ウイルスワインダーの納品が続き、またお問い合わせもたくさんいただき ありがとうございます。 ●現在、納期を少し頂いております。ご発注いただきました皆様には、大変ご迷惑を申し上げます。    全国のインフルエンザについては、例年と同様1月に入り、定点(1医療機関あたりの患者数)が非常に 伸びており、流行期に入ったと思われます。  現在、東海~関西~九州地方で罹患患者数の非常に多い状態が

    >>詳細はこちら

  • インフルエンザ2014その②

    インフルエンザが猛威を振るい学級閉鎖などもチラホラ聞く様になりました。 弊社では、オゾ右エ門・ウイルスワインダーなど、この季節の対策に役立つ商品の増産体制を整え 今季を乗り越えようと考えております。   □今年のインフルエンザは・・・? A香港型の発現が多いという事です。インフルエンザの型は大きくA/B/Cの三つの型がある事が知られていますが、 A型の特徴は、突然変異がとても速くワクチンを製造開始する時の予想と、出来上がった時のワクチンの型 そして、世の中で猛威を

    >>詳細はこちら

  • 総合的な対策とは?

    先日、老人医療施設にお邪魔して、多くを網羅した対策を行いたいと相談を受けました。 ノロウイルス・インフルエンザウイルス・ブドウ球菌などの常在菌が主なターゲットになります。 この3つが実は、国内の施設等で蔓延する事が多く、施設長さまも憂慮しておりました。 かなりしっかりとしたマニュアル・手順があり素晴らしい運用でした。 が、個人防衛部分について順序指定がなく、最近のニュースをご覧になって防御装の 着脱順序についても話が飛びました。   着用順はどちらが正しいか?を考

    >>詳細はこちら

12
HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る