12
  • インフルエンザ流行中

    1月に入り、インフルエンザが猛威を振るっております。 例年、この時期はオゾ右エ門・ウイルスワインダーの納品が続き、またお問い合わせもたくさんいただき ありがとうございます。 ●現在、納期を少し頂いております。ご発注いただきました皆様には、大変ご迷惑を申し上げます。    全国のインフルエンザについては、例年と同様1月に入り、定点(1医療機関あたりの患者数)が非常に 伸びており、流行期に入ったと思われます。  現在、東海~関西~九州地方で罹患患者数の非常に多い状態が

    >>詳細はこちら

  • インフルエンザ2014その②

    インフルエンザが猛威を振るい学級閉鎖などもチラホラ聞く様になりました。 弊社では、オゾ右エ門・ウイルスワインダーなど、この季節の対策に役立つ商品の増産体制を整え 今季を乗り越えようと考えております。   □今年のインフルエンザは・・・? A香港型の発現が多いという事です。インフルエンザの型は大きくA/B/Cの三つの型がある事が知られていますが、 A型の特徴は、突然変異がとても速くワクチンを製造開始する時の予想と、出来上がった時のワクチンの型 そして、世の中で猛威を

    >>詳細はこちら

  • 総合的な対策とは?

    先日、老人医療施設にお邪魔して、多くを網羅した対策を行いたいと相談を受けました。 ノロウイルス・インフルエンザウイルス・ブドウ球菌などの常在菌が主なターゲットになります。 この3つが実は、国内の施設等で蔓延する事が多く、施設長さまも憂慮しておりました。 かなりしっかりとしたマニュアル・手順があり素晴らしい運用でした。 が、個人防衛部分について順序指定がなく、最近のニュースをご覧になって防御装の 着脱順序についても話が飛びました。   着用順はどちらが正しいか?を考

    >>詳細はこちら

  • 内外格差(BBQネタも補足)

    BBQネタで先日記事を書かせていただきましたが、問合せがチラホラ そんな中で、少し気になったのが魚介の事に触れていたため、その他についても 自らフォローします。 まず、BBQについては食中毒を起こしやすいポイントが2点あります。 ①炭火調理なので加熱ムラができやすい。その為内臓系を中心に繁殖する大腸菌類 ノロウイルスなどの対策をしっかりしないと× ②クーラーボックスの取り扱いをしっかりしないと× 特に詰めすぎると× この辺を特に注意した上で、オゾン水生成機などの衛生機

    >>詳細はこちら

  • 海の恵み

    はまぐりいやー梅雨も明けないのに群馬は暑い日が続いています。 弊社がある群馬県は、他県出身者の私から言わせるとBBQが盛んです。 どれくらい盛んかと言いますと、大体BBQコンロは家にあります。 実際、真夏に入るとBBQは暑くてつらいので、梅雨だろうが何だろうが結構してしまいます。     BBQをしている時、父親たるや熱いしビールもいつも以上に進んでしまうんですよ しかし、先月から「腸炎ビブリオ」が増加する時期となっておりノロウイルス対策で導入した居酒屋

    >>詳細はこちら

  • レジオネラ菌(レジオネラ症)について

    報道で、埼玉県内の温泉施設でレジオネラ症の発生があったそうです。 お亡くなりになった方、そしてそのご家族の方に心からお悔やみを申し上げます。 その施設では、塩素で消毒をしていたそうなのですが・・・毎年、何故この様な事故が発生するのでしょうか? 根本の原因は、実はそんなに難しくないんです。 ■レジオネラ対策として塩素を使っているが、お風呂のお湯には先に反応してしまう有機性の物質がたくさんある。 人間の垢や汗の成分などが、遊離残留塩素と結合し殺菌性を維持できない 結局、残留する塩素で

    >>詳細はこちら

  • 原因不明のニオイ

    カビ関東地方も梅雨入りし、ジメジメする季節になりましたね。 ジメジメしているということは、空気中の水分が多くカビや細菌が繁殖しやすく なってきているのでしょう。 さて、先日珍しく個人のお客様のご自宅にお邪魔しました。 業務用のオゾン発生器などを扱っておりますと、個人宅などはあまり行かないのですが オゾ右エ門導入頂いた自動車整備工場さまからのたってのご依頼ということでお伺いしました。 お宅に上がらせていただきますと・・・わんちゃんがお出迎えいただきます。 でも今回はわんちゃんはどうも関

    >>詳細はこちら

  • O-157、111や腸炎ビブリオに注意‼

    nikusei_ho-006インターネットで情報が駆け巡る現在、飲食業界のオーナーさま・経営者さまと お話をさせていただくと、やはり「風評」というのは経営課題といっても過言ではないようです。 一度の事故で非常に大きなダメージを負うとのお声を頂いております。 「食中毒」というキーワードは、どうしてもネガティブなイメージを与えてしまいます。 私どもも食中毒予防・防衛マニュアルを作成し、営業の現場に投入してますが・・・   日本で、O-157・111等(腸管出血性大腸菌)が、問題になったのは1990年代

    >>詳細はこちら

  • 厨房で活躍★オゾ右エ門

    オゾ右エ門を利用いただいているホテルで先日事件がありました。   お客様「オゾン発生機が無いんだけど」 担当者「納入は一カ月ほど前に○○さま立ち会いで4台納品しましたよね」 お客様「そうなんだけど一台足りない」 担当者「なるほど、とりあえずメンテナンスも含めて一台持っていきますね」 そして伺いました。 喫煙フロアの客室数÷12で納品してますが・・・確かに一台足りない。支配人さまと話しながら内線を 使って片っ端から各部署へ電話しました。 ありました。厨房

    >>詳細はこちら

  • 本日、日経MJ紙に掲載されました。

    本日付の日経MJ紙にウイルスワインダーが掲載されました。 ※オゾン併用式空気清浄機の紹介です。インフルエンザ対策・ノロウイルス対策として 様々な場所で活躍しています。 病院などでご利用いただいておりますが、10畳ほどのスペースであれば、20分ほどの運転で 浮遊菌の99.9%を除去し、安全で快適な空間を実現しております。     雪による納期遅延につきましては、ほぼ解消しております。

    >>詳細はこちら

12
HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る