• インフルエンザ流行時期

インフルエンザ流行時期

厚生労働省が規定する季節性インフルエンザは、その年の36週からという事になるそうです。

そして、約5週間後に東京都感染症情報センターから、東京都のインフルエンザ情報が出ます。

今年の第一号は、本日出ました。

まだ、インフルエンザの流行は発生しておりませんが、今年のインフルエンザ予防接種の型が

発信されています。

私たちは、医者でも細菌学者でもないので、業務に関連する事を発信していくべきなのですが・・・

ちょっと最近気になった情報です。

 

【感染に必要なウイルス数】

インフルエンザ   1000~3000個

ノロ        10個

エボラ       2~3個

 

こんなソースがありました。

ノロウイルス対策で飛散対策をしっかりする理由はこれだったんです。

飛散したチリなどには数千個~数万個の単位でウイルスが付着しているといわれているので

空中に舞ってしまった埃・塵は燻蒸で、ウイルスを限りなく0にしたい部分ならオゾン水で

という使い分けが大事です。そして燻蒸型は、インフルエンザなど蔓延期に

空気中のウイルス数を低滅させるので、効果が期待できるという形になります。

連日、ニュースで取り扱われるエボラの感染拡大には、このような理由があったんですね。

Tipsまで・・・

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る